どんなお酒でも買い取ってもらえる?

お酒買取りのお店では未開封のお酒を対象にしています

ウィスキーを少しだけ飲んだけれど後は飲まないので売りたいと言う事は基本的には出来ませんが、お酒買取りのお店は未開封の状態であれば、大半のお酒を売る事が出来るようになっています。
また、年代物のウィスキーなどの場合、外側のラベルが汚れているというケースも在りますが、ラベルは綺麗な状態がベストではありますが、ウィスキーのアルコール度数は高いため、封を開けていないのであれば年代物ウィスキーは高価買取りが行われるケースが多く在ります。
また、ワインなどの場合もヴィンテージワインなどの場合は、高価買取りが行われる事が多くあります。
尚、買取り価格と言うのは目利きを行う人が定めるため、買取り実例などを参考にしてお酒買取りのお店を選ぶことが高価買取りのコツの一つです。

ビールも対象としているお店も在ります

ワイン、シャンパン、ブランデー、ウィスキー、地酒や日本酒、焼酎、スピリッツなどがお酒買取りの対象となる種類です。
ビールはここには含まれていないの?と疑問を抱く人も多いかと思われますが、ビールの場合他のお酒と違い賞味期限が設けられており、期限が十分残されているものであれば、相談に応じて貰う事も出来ますが、基本的にはビールは対象外としているお店が多く在ります。
但し、有名ブランドや地ビールなどの買取りをしているお店も在るので、ビールを売りたいと言った場合には、買取り強化をしているお店を選ぶことでビールも売ることが出来ますし、出張買取りサービスを行っているお店を選べば、お店に持ち込むなどの手間いらずでお勧めです。

© Copyright The Basic Wine Types. All Rights Reserved.